シナストリーにおける良い相性と悪い相性について 恋愛編

占い

シナストリーにおける相性診断での良い関係、悪い関係を示唆するアスペクトを特に簡潔に集めました。こちらでは主に恋愛における関係性に基づいて解釈します。詳しくは個々のシナストリー解説を見て下さいませ。

小惑星は解釈が複雑になりますので、詳細は個別ポストをご覧下さい。

良い恋愛ができるアスペクト

金星と火星

完全に恋愛向きのとても盛り上がる相性です。恋愛するなら欲しい!アスペクトですらあります。火星側がリードするでしょう。合も最高ですがソフトハードもよく、オポジションも刺激的でかなり良いでしょう。

火星と火星

異性としての相性がとにかく良いでしょう。合、ソフトのみです、盛り上がるでしょう。少々苛々し易い相性でもあります。女性側からすると理想的な恋愛対象とも言えます。

金星と金星

とても仲が良いでしょう。男性にとっては理想の女性です。甘やかすでしょう。こちらはソフトハードどちらも良いでしょう。

太陽と月

文句のない相性です。合とソフトが特に良く素晴らしい、結婚もよく、末永く仲良くできる相性です。夫婦のアスペクトです。こちらがあると他のネガティヴなアスペクトが全て扱い易くなるほどです。ハードも良いのですが、スクエアのみ除きます。

金星と木星

こちらも恋愛にとても良いです。金運も良いです。合とセクスタイル、トラインが特に良いですが、他も悪くありません。金運が上がるのは愛情が深い為です。お互いに居心地が良いでしょう。こちらもネガティヴなアスペクトを無効にする作用があります。

金星と冥王星

深い絆を繋ぐアスペクト、恋愛は重く深いものになり、心は乱れ傷つきやすいです、が、そこまで真剣に人を愛せる機会をくれる素晴らしい相性です。多いに吸収して学び深い愛の力を得て下さい。

金星と海王星

恋愛に溺れるには最高の相性です。お互いに魅了しあい二人の世界で過ごしましょう。理想的でロマンティックな関係が築ける相性です。

金星と天王星

一目惚れ相性です、一般的には天王星側からとなりますが、大体お互いに惹かれ合います。外見が好みという場合が多いです。ソフトもハードも恋愛には良いスパイスです。

水星と海王星

お互いの会話が甘い雰囲気に包まれます。ロマンティックな恋愛関係にはぴったりのアスペクトです。甘いムードで幸せな恋愛ができるでしょう。ハードですと少々大袈裟な会話になりやすいですね。

水星と月

会話が楽しいでしょう。更に恋愛関係が早く進みやすいです、電撃婚にもなりやすいですね。

金星と土星

合とソフトのみシンプルに良いです。ハードも悪くはないのですが扱いが少々難しい。恋愛関係が浮つかず早く落ち着きます。土星側が金星に独占欲を抱きやすいですがそれもまた、可愛らしいでしょう。ハードですと独占欲が度を超しやすく見てみぬふりをするようになります。素直になりづらいのです。

月と木星

愛情が深く分かり合えます。気持ちの良い穏やかな恋愛関係が築けるでしょう。ソフトもハードも良いです。

太陽と金星

金星が太陽に憧れますので、憧れの人と恋愛する事が出来ます。ソフトもハードも良い相性です。ハードですと憧れが崇拝になったりもしますが。

金星とキロン

お互いの特に恋愛面でのコンプレックスをなくす事が出来ます。非常に感謝すべき貴重なアスペクトで、絆もとても強いものとなります。合、ソフトのみです。

エロスとプシケ(Psyche)

主に合を見ます。ソウルメイトのアスペクト。正に結ばれるべくして結ばれた2人だと、様々な事を乗り越えながら感じる相性でしょう。

エロスとエロスの合

心の深いところで愛し合える2人です。愛そのものの感じ方捉え方が同じですので、非常に波長の合う楽しい恋愛ができるでしょう。こちらに火星が絡むとより情熱的になります。

アポロとパーソナルプラネットの合

惑星側がアポロに崇拝に近い愛情を捧げ、アポロ側はそのお返しとでも言うように惑星側を贔屓して愛します。憧れと愛情、尊敬、全て入り混じった感情を体験できる関係で、恋愛を彩るでしょう。

エロスとアセンダント、金星と火星

官能の星と恋愛と熱情の星の関わりですから、恋愛に向かないわけがありません。激しい関係になりがちですが、お互いにとても夢中になり、楽しい事でしょう。アセンダントの場合は外見と雰囲気がエロスの好みそのものですので、アセンダント側は簡単にエロス側の恋愛スイッチを押せます。

続きます。

注意が必要なアスペクト

リリスと惑星

合と衝のみですが、どうしても隠れた相性であったり、延々と執着してしまったり、別れ際に心に深過ぎる傷を負いやすいアスペクトです。惑星は月と火星が1番作用が強く他、太陽金星水星も見ます。相性自体は大変良いでしょう。引力も強いので後悔しないようこのアスペクトの相手には気をつけましょう。特に月には要注意です、一旦縁ができますと人生に深く関わります。

太陽と冥王星

宿命的な恋愛関係なのかもしれませんが、支配欲や執着が起き易く、ソフトもハードも人生観が変わりやすいです。そういった意味でこの相手、冥王星側との恋愛は勇気が必要です。心して関わりましょう。

太陽と海王星

海王星側の魔法に太陽側がかかる相性で、正に恋は盲目です。特に合やハードですと下手をすると人生の方向性も分からなくなってしまうかもしれません。気をしっかり持ちましょう。

海王星と火星

非常にロマンティックな関係なのですが、火星側の妄想に近い幻想を海王星はただ受け止めなければなりません。合とハードですとかなり強い幻想です。理想というより夢に近い幻想を火星が海王星側に抱く相性となります。そして火星の激しい欲望のスイッチは海王星側にはありません。火星は海王星側に夢を見て、思う存分遊び、満足したら去っていくだけかもしれません。虚しい思いをするのは海王星です、気をつけてくださいね。お酒の入ったトラブルにも注意です。

火星と冥王星

かなり恋愛には危なっかしいアスペクトで、激し喧嘩に注意して下さい。大体火星がからですが、変わることも。特に合とハード注意です。

太陽、月と火星

喧嘩に注意して下さい。火星側が原因になりやすいです。

水星と火星

口論に注意です。大抵火星側が怒らせます。合とソフトは大丈夫です。

火星と天王星

短気と喧嘩に注意です。それによる事故にも気をつけて下さい。異性間トラブルにも注意、性急な行動に後悔しないようにしてください。

木星と土星

合ソフトですと土星側に気分良く奢ったり譲ったりする相性でしょうがハードですと、一方的に搾取されるようなトラブルもありえます。気をつけましょう。

月と土星

ハードのみ要注意。月側が土星に監視されいるような気分になり易く、常時安心できません。特にスクエアは要注意、ホロスコープ上で力強く働きますので緩和しづらいです。

Nessusとパーソナルプラネットまたはヘッドの合

恋愛の場合、この相性は惑星側がNessus側に不可抗力的に惚れ込んで従わざるを得なくなり、更に惚れた弱みで酷いことをされてもされても離れることもできず、徹底的に傷つけられやすいです。特に月との合は気をつけて下さい。Nessusが男性の場合、特に要注意です。ヘッドの合は2人の関係のテーマが加害になり、お互い特にヘッド側が被害に遭い易いです。

続きます

⭐️ホロスコープは全体的に解釈すべきですので、ポジティブなアスペクトと混ぜ合わせて考えて下さい。ただ危なっかしいアスペクトが何個もある相手には単純に注意した方が良いです。

コメント

  1. ひょ より:

    こんにちは。
    いつも投稿楽しみにしております。
    金星火星のアスペクトについてなんですが、オーブ1度のセミスクエアもこちらで記載されているような影響はありますでしょうか?

    • Vanilla より:

      ひょさま
      コメントありがとうございます。
      返信が遅れました事お詫び致します。
      アスペクトに関してですが、セミスクエアでしたらオーブはタイトに取ればスクエアとほぼ同等の影響があると考えられます。
      さらにマイナーアスペクトでも1度程であれば同様の強い影響があります。2世代以降のアスペクトは解釈が細かく分かれますが。
      よろしくお願い申し上げます。

  2. ルルル より:

    初めまして。
    ほとんど素人なのですが、興味深く読ませて頂きました。
    私の月@射手座と、夫の土星@魚座・冥王星(天王星合)@乙女座がTスクエアを形成しています。
    結婚してもう長いのですが、最近しんどくなってきました。
    このアスペクトに関して何かご教授下さればありがたく思います…

    • Vanilla より:

      ルルルさま
      コメントありがとうございます。

      なるほど、それは確かに厳しいアスペクトかと感じます。単純にはライツやヘッド金星と木星の合があれば緩和されます。
      詳細はホロスコープ全体を見なくてはお答えできません。
      宜しくお願い致します。

    • ルルル より:

      vanilla様
      年末にお返事下さっておりましたのに今頃になっての御礼、本当に申し訳ありません。
      vanilla様のたくさんのアスペクトに関するご解説を拝読し、特に自分や身近な人達に該当する部分は興味深く、あまりにもうなずけることばかりです。
      夫と私のTスクエアについてはライツやヘッドに合がないのですが、やはりホロスコープ全体が大事なのですね。
      最近わかったことが三つあります。ひとつは、結婚した時、私のIC(天秤座6度)に夫の太陽がコンジャンクションだったこと。
      二つ目は私のキロン(牡羊座4度)と夫の金星がオポジションだったこと。
      三つ目は私の太陽と夫の海王星がスクエアだったことです。
      二つ目のキロンに関してなのですが、牡羊座4度はサビアンシンボル「隔離された歩道を歩く二人の恋人」で、恥をさらしますが二年前に夫に愛人ができてしまいました。それなのに私は身動きが取れない心情にいて、それは冥王星・月のスクエアにやられているのかな?って思っています。
      三つ目の太陽・海王星に関しては、vanilla様の記事で仰られている通り、夫は気の毒だったなというか、確かに私のせいでかなり自分の進みたかった方向を見失ったんじゃないかなって長い結婚生活を振り返って感じています。

      私はディセンダント山羊座20度で、今山羊座にいる冥王星の威力を実感させられています。

      長々書いてしまい、申し訳ございません。
      vanilla様の記事でこれから勉強させて頂きますね。
      本当に本当にありがとうございました!

  3. ルルル より:

    Vanilla様
    訂正させて下さい…
    申し訳ありません、コメント内に誤りがありました。
    誤「私の太陽と夫の海王星がスクエア」→正「私の海王星と夫の太陽がスクエア」でした。
    そしてICにコンジャンクションしたのは夫のトランジットの太陽でした。

    • Vanilla より:

      ルルルさま

      コメントありがとうございます。
      丁寧なご説明ありがとうございます。
      おっしゃる通りに西洋占星術はホロスコープ元より、サイン、サインの格式、在住ハウス、全てを包括してこそのものと感じます。
      サビアンもお好きなのですね、気が合いますね。
      貴重な体験談大変参考になります。
      ありがとうございます。
      これからもどうぞ宜しくお願い致します。

  4. ひとみ より:

    はじめまして。すごくわかりやすく、言葉も美しくて好きで、よく拝見させていただいています。
    コメントもいつも迷ってしていなかったのですが‥。
    私の金星と相手の土星がスクエアなのですが、相手の考えていることがわからなかったり、独占欲など全く見えない状態です。それは、記載の通り、独占欲はあるけれども、度を越してしまい、みせないようにしてるのか、相手自身もその独占欲に気がついていないのか‥どちらなのでしょうか?自覚は…あるのでしょうか?それよりも、金星の私の方が独占欲が強い気もします。(私が、金星魚座、8ハウス、月蟹座、太陽冥王星スクエアだからかなぁとも思っています。)

    • Vanilla より:

      ひとみさま

      コメントありがとうございます。
      嬉しいお言葉も感謝しております。

      土星と金星のスクエアは土星側が強く金星を圧迫、抑圧、独占します。またそれは不調和です。そこに摩擦が生じます。
      土星側は気付きづらいですのでひとみさまがそう感じるのではないでしょうか。

      ひとみさまの独占欲は太陽冥王星と金星@8にあるように感じます。
      魚座は受け身で弱いですがとても異性を惹きつける配置です。

      月が金星とスクエアとの事で女性に好かれづらいです。

      参考になれば幸いです。
      どうぞ宜しくお願いします。

  5. ひとみ より:

    お返事いただきありがとうございます!
    月が金星とスクエアはお相手のことでしょうか?お相手のネイタルは確かにそうなので驚きました。
    私の火星と相手の土星も合だったり、金星冥王星が相互アスペクト(150と135なのでメジャーではないのですが‥)があったりと、相性が良いのか悪いのか、難しいところです。
    ぜひいつか、vanilla様にシナストリーを見ていただきたいです!その日が叶うことを楽しみにしています。

    • Vanilla より:

      ひとみさま
      コメントありがとうございます。

      それはなんとも吉凶混合なご縁ですね。
      全体的に見ませんとなんとも申し上げられませんが。
      鑑定に関しましては受付を開始しましたという旨を問い合わせフォームに、記述致しますので、その際はまたどうぞ宜しくお願い致します。

      ご縁に感謝しております。
      よろしくお願い申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました