シナストリーのアスペクト アセンダントと惑星

占い

シナストリーにおけるアセンダントと惑星の絡みとは。

こちらではアセンダントと惑星の感受点のシナストリー解説を致します。基本的にこの相性は単純にはアセンダント側が惑星へ愛着となってはおりますが、実際は、相互に影響を与えます。アセンダント側が雰囲気や仕草目的を惑星側の示唆する事柄目線から気に入られ、惑星側はアセンダント側からその惑星が示唆する事柄そのものを主に気に入られます。つまりお互いにとっての重要な存在となります。主に合とソフトを見ます。(オポとハードはディセンダントの解説で致します。)また個々惑星によっては、最初から惑星側がアセンダント側の虜になることも無論あり得ます。相互の関係性の濃度が非常に高い相性です。

アセンダントと金星

ソウルメイト

こちらはとても美しいアスペクトです。初めて会った時から好感を抱きます。アセンダント側は金星にとっての外見的にも雰囲気も理想の存在です。また金星もアセンダント側にとっての完璧な理想の体現となります。所作、仕草、雰囲気、会話全てで穏やかに好感を抱きます。お互いに尊敬しあい、運命を感じ、憧れるでしょう。視線を合わすのすら恥ずかしいような、一目惚れも容易でしょう。コミュニケーションにおいて、この2人は偏見や疑いのない素晴らしい関係性が築けます。恋愛面でも、対人でも深い心からの愛情を与え合う関係となります。合はやや好きが高じて甘やかしや、両者嫌われたく無いという思いから、気を遣いすぎて嫌気がさすことも稀にあるでしょう。しかし特に合の相手は精神面でも、人としても素晴らしい相性ですので出会えたら幸運以外の何者でもありません。手放さないようにしましょう。

アセンダントと火星

そんなつもりは、なかったのに

こちらは非常に相互的で直情的なアスペクトです。お互いに異性としての一目惚れをしやすく、そして相手の魅力に抗えません。アセンダント側が女性、火星が男性ですと特にわかりやすい展開となります。アセンダント側は火星にとって非常に異性として魅力的で、一目見た瞬間から手に入れたいと感じます。火星側も精力にに満ち溢れており、アセンダント側は湧き上がる感情を抑える事は到底出来ません。小惑星エロスの作用にも似たものがありますが、こちらの方が直情的であるのと、熱が冷めやすい点や、短期的という点が全く違います。小惑星エロスは、官能的な物語の絵の中に入っていくような陶酔感と満足感をアセンダント側と共有します。こちらは絵ではなく生身の人間となります。

対人ですと、単純に火星が有り余るエネルギーをアセンダント側に注ぎ込む関係となり、同じ目標に向かって突き進むには非常に良い素晴らしい関係性です。しかし同時に、アセンダント側は火星を強引だと感じやすく、火星側はアセンダント側にイライラしやすいので、喧嘩には要注意の間柄です。

異性間では魅力的で情熱的な関係を生み出しやすいですが、長続きさせる為には他の永続的なアスペクトが必要不可欠となります。

アセンダントと木星

君の家はどこ?今から僕のお家に遊びに来ない?

こちらのアスペクトは友人間で最高のアスペクト!といっても良いです。もちろんそこから恋愛に発展しても良い相性でもありますが、大親友になるべき相性です。アセンダント側は木星を見ると、落ち着きますし、穏やかな気持ちになります。木星側もアセンダント側といると自然と手救けしたくなりますし、素の自分を曝け出せます。基本的には木星側がアセンダント側の世界観や行動範囲を広げてくれます。が、お互いにメリットのある関係で、とても公平な価値観を共有できます。一緒にいると幸運も運ばれてきます。お互いに利益のある、とても良い相性と言えます。癒し癒される、ありそうで中々ない幸せな関係が育めるでしょう。

アセンダントと海王星

虹色の牛乳が飲みたいのだけど

海王星は幻想と欺瞞の星です。こちらのアスペクトはアセンダント側が海王星の求める雰囲気や所作、ネイタルでアセンダント側に金星のアスペクトも混じれば外見も、全ての理想、幻想を備えています。言わずもがな海王星は即夢中になりますが、海王星の幻想とは狂気と欺瞞が凌ぎあっています。アセンダント側は否応なく海王星側に崇拝され愛されますが、海王星の導く混乱に巻き込まれないようにする事が重要です。

アセンダント側も同様に海王星の不思議で掴み所のない魅力に自分の理想を投影し夢中になりますが、どうも得体の知れない海王星に不安にさせられる事が多いでしょう。

海王星は、その道を極めているので、アセンダント側は手も足も出ません。霧の中に隠れた海王星を目を凝らして探す事になるでしょう。アセンダント側の強みは自分が海王星の理想の存在であるという事です。そしていくら海王星側が目眩しに長けていたとしても、アセンダント側は現状を掌握する能力に長けています。

総じてこの関係は、惑わし交わし合う抽象的な映画のような、幻想の駆け引きの相性になり易いでしょう。非常にロマンティックな間柄です。

アセンダントと天王星

君は変じゃないよ

こちらはアセンダント側が天王星側の個性的な人格に一目惚れする相性です。金星と天王星は外見の一目惚れでしたが、こちらはもっと内面や人生に踏み込みます。特に合は、アセンダント側の人格までも変えてしまうほど天王星側の影響力が強いですので、天王星側は少々自分の言動に気をつけるといいかもしれません。しかし天王星側も自分の奇妙で、他人が理解しづらい性格の側面や、強烈でエキセントリックな欠点までもを受け入れ、飲み込んでくれるアセンダント側に自由に本来の自分を明け渡すことができますから、まるで唯一の理解者であるかのようなアセンダント側に甘えっきりになる事も多いでしょう。

この関係は周りがいくらあの方は変ですよ、とアセンダント側に言ったところで、聞く耳持ちません、なぜならその周囲に認められない天王星側の変な所が大好きなのですから、そういう意味では異性間では大恋愛に発展し易い相性とも言えます。

アセンダント側はこの天王星側と出会い付き合うことにより周囲が驚くほど、外見的にも雰囲気も、人格すら突然に変化する事がありえます。良い方向に行くか悪い方向に行くかは正に天王星次第と言えます。

アセンダントと冥王星

僕についてきてもいいけど、どこに行くかわからないよ

こちらの2人は正に危険な相性と言えます。基本的に冥王星側にアセンダント側が非常にカリスマ性を感じ溺れてゆきます。冥王星側もそれが何故だかわからないでしょう、このアスペクトだからなし得る技です。大概はこの執着と吸引力の強さからどちらかが逃げ出して、もう一方が追いかけると言った相性になることが多いです。お互いのネイタル火星と冥王星の絡みにも寄りますが、それらがソフトや格式が良ければうまく絡めばアセンダント側は冥王星側に抗い難い性的魅力を感じ、冥王星側もそれを自然に受け入れ感謝します。非常に深い縁のある2人です。そしてその後2人でどこへ向かうかは本当に分かりませんが、相思相愛であれば非常に良い激しいアスペクトとなるでしょう。ただ冥王星は、極めて接触しづらい惑星である事は常常ご留意くださいね。

続きます

コメント

  1. 冥王星 より:

    いつもブログの更新を楽しみに拝読しています。
    シナストリーでアセンダントと金星の合(オーブ1度未満)があるので
    嬉しく読みました。

    教えて頂きたいのですが、この他に太陽火星合(2度)、火星土星(1度未満)、太陽月の相互トラインがあります。全体的に見て吉凶混合という感じでしょうか。
    他と比べてアセンダントと惑星合がどのぐらいの強さ(作用)があるのか教えて頂けますでしょうか。
    幸運以外の何者でもなく手放さないほうがいいとのこと、それだけ
    精神的な相性が良いということなのでしょうか?

    宜しくお願い致します。

    • Vanilla より:

      冥王星さま

      コメントありがとうございます。

      アセンダントと金星の合のお相手がいらっしゃるのですね、中々巡り会えない素晴らしい相性です。精神的にも肉体的にも特別な愛情の共有が出来るお相手です。

      アスペクトの強弱は確かにありますがホロスコープ全体で変わって来ますので、一概に言えません。

      他ライツ相互のトラインにとこちらもとてもよく、火星と土星はソフトのようですし上記のアスペクトにより、上手く緩和されると感じます。忍耐強さと言った形で2人でうまく使って行けると良いですね。

      参考になりましたら幸いです。
      よろしくお願い申し上げます。

  2. 冥王星 より:

    Vanilla様

    早速のお返事ありがとうございます。
    大事なことをお伝えするのを忘れておりました。すみません。
    太陽と火星は合、太陽月は相互トラインですが、、
    火星と土星はタイトな「スクエア」で(誤差0.2度)、アセンダント金星合はありますが差し引きゼロになってしまうのではないかと思い、ご意見を賜りたく思います。

    このアセンダント金星、タイトルがソウルメイトとなっていますが前世がらみなのでしょうか?
    また転勤などで物理的に離れてしまった場合、それでもアセンダント金星合はご縁が続くぐらいの強さでしょうか?
    火星土星タイトスクエアがあるので時に喧嘩して離れてしまうのではと・・・
    かなりの忍耐強さが必要ですよね。
    Vanilla様の意見をお聞かせ下さいませ。

    いつもブログを拝読して思いますが、タイトルやその上にあるお写真が魅惑的で惹かれます。これからも楽しみにしております。

    • Vanilla より:

      冥王星さま
      コメントありがとうございます。
      そうでした、火星と土星はスクエアでございましたね。
      他金星、月と土星絡みのスクエアがなければ、金星アセン合、ライツ相互のトラインで緩和は十分可能かと感じます。遠距離恋愛でも非常に有効かと。

      ただ火星土星のスクエアは相当強いネガティブなアスペクトですので、ただの喧嘩でしたら太陽と火星の合を注視すべきで、こちらはお互いに不運、鬱憤、感情の抑制に少々気をつけて下さいませ。火星土星のシナストリーのアップも徐々に致しますので、宜しければご覧ください。

      こちらはタイトルのソウルメイトに前世的な意味はございません。カルマや過去生を提示するのはヘッドとテイルのみです。しかし絆や縁というものは何をもってそう言うのか、という話でもあります。

      お褒めの言葉ありがたく受け止めて居ります。
      今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

  3. 冥王星 より:

    Vanilla様

    今回も詳しくご回答下さりありがとうございます。
    タイトルが詩的でロマンチックな表現で読む前に想像力をかき立てられます。
    惑星との組み合わせでイマジネーションを働かせ素敵に言語化できるのが羨ましいです。

    火星(男性)と土星(女性)はかなりタイトなスクエアなので、心して接しないとと思っております。
    他に調べましたら(左が男性、右が女性)
    土星スクエア太陽
    土星トライン金星
    月オポ土星

    上記の絡みがありましたが緩和になりますでしょうか。
    宜しくお願い致します。

    • Vanilla より:

      冥王星さま
      コメントありがとうございます。
      お褒めの言葉大変嬉しいです、感謝しております。

      土星と金星はソフトで緩和になります。
      土星太陽ですと、結婚などの際に困難が増えるかもしれません。
      月と土星は要注意のアスペクトになります。
      上記のシナストリーもアップ予定ですので、宜しければご覧下さい。
      どうぞ宜しくお願い致します。

  4. 冥王星 より:

    Vanilla様

    度々すみません。更新された記事を読み新たな発見がありまして。。
    自分のアセンダントと金星(相手)が合に加えて、同時に相手の天王星がオポジションということがわかりました。更には自分のアセンダントと合している相手の金星が自分の天王星とオポ。
    つまり、自分のアセンダントと自分の天王星もオポなのです。(つまり相手は金星と天王星が出生図でオポ)
    この場合どういう解釈になりますでしょうか。波乱万丈な関係ですか?今のところ違いますが・・
    複雑になってきていて自分で解釈ができなく宜しければ教えて下さいませm(__)m

    • Vanilla より:

      冥王星さま
      コメントありがとうございます。

      アセンやディセンダントと天王星の絡みは波乱万丈といった意味合いはございません。
      相手に影響されやすい、個性が混ざり合い自身が変化しやすいと言った意味合いで用いております。
      ディセンダントと惑星のシナストリーもアップ予定でございますので宜しければご覧になって下さい。
      どうぞ宜しくお願い致します。

  5. おもち より:

    太陽冥王星のシナストリーの件では
    お世話になりました。

    お時間があるときで良いのですが
    アセンダント冥王星合も載せてくださると有難いです。

    いつも更新楽しみにしています。

    • Vanilla より:

      おもちさま
      コメントありがとうございます。
      今年も宜しくお願い致します。
      アセンダントと冥王星の合、かしこまりました。
      徐々にアップ致しますので、どうぞ宜しくお願い致します。

    • Vanilla より:

      おもちさま

      大変更新遅れまして申し訳ございません。
      アセンダントと冥王星のアップ致しましたので、どうぞ宜しければご覧くださいませ。

      よろしくお願い申し上げます。

      • ローズ より:

        Vanilla様

        いつも素敵な記事をありがとうございます。

        お手すきの時に宜しければアセンダントと月、土星のバージョンもぜひとも宜しくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました