嫌われ易いネイタル 閲覧要注意

占い

悪目立ちしやすいネイタルとは

敵のお面をつけて落ちている小枝を見つめる

好かれる星があるのなら残念ながら嫌われる星廻りがあって然りです。

また、少なからず人は集団で浮く、そんな人間をめざとく見つけ突き回してしまう悪趣味な面があるものです。

他者に煙たがれる、または嫌われ易い、また、目をつけられていじめられ易いまたは逆に虐めるアスペクトをまとめて行きます。

惑星、小惑星色々と絡めて見て行きましょう。

弱い星は当然ターゲットとなり易いですが、それらを守るはずの強い星も狙われるのが興味深い所です。特に惑星では迫力があり、大きな権力を持つ冥王星が要注意となります。例えば戦略的な要素の強いゲームなどではチームの中で最も強いエースが集中攻撃で相手チームから最初に落とされる事は多いと感じます。つまり目立てば目立つほどそれだけ対人面で脅威に映り嫌われ易くもあるのでしょう。

ただ冥王星が絡みますと、異性的磁力、カリスマ性、大きな援助運が合とソフトでは付きますので、自身も傷つけてきて守りもしないハードは特に要注意となります。ただリカバリー能力は全て優れています。合はしかし最も強く迫力が出ます。目立つのは1番でしょう。

何が普通なのかは、わかりませんが、それを決める他者がいて、振り回されるのは堪りません、しかし誰が何に振り回されているのかが最もわからないのが1番の問題なのかもしれません。

星廻りはそのヒントになるかもしれません。

対処法は様々です。明らかな被害者デジャニーラ(被害者)はまた別にハウス別ポストを致します。

ハウスで見る場合

基本的には11ハウス、3ハウス、9ハウス、10ハウスをよく見ます。11ハウスは集団、友人のハウスで、3ハウスは幼少期の学校生活、または幼馴染、9ハウスは学校、特に高等教育の場、10ハウスは社会とざっくり対人関係に絞りよみます。以下全て上記のハウスに入った場合の解釈となります。

冥王星入室

様々な集団生活で浮き易いので、馴染みづらくターゲットとなり易いでしょう。7室入室、DC合も含みます。

キロン入室

様々な集団生活でターゲットにされ易く、トラウマになるような事が起こりやすいでしょう。

ブラックムーンリリス、小惑星Lameia(248)、小惑星priapus (h22)入室

上記全てリリス関連(Lameiaはリリスと同意の小惑星、Priapusは男性版のリリス、アフロディーテとデュオニソスの息子)ですので攻撃性がでますので、反抗的で集団には馴染みづらいでしょう。こちらは1、7室入室も含みます。

火星入室

どうしてもそのハウスで、攻撃性が強く、戦いや問題が起こりやすく、単純に考えれば、集団に馴染みづらく虐められやすいでしょう。ただ火星は強い能動的な凶星ですので、問題行動を起こすのは火星自身である事が多いです。こちらは7室入室も含みます。

続きます。

アスペクトで見る場合

※こちらでの目立つというのはアセンダント、MC、個人惑星に合という意味です。

冥王星が目立つチャート

単純にどうしても目立ってしまうため、嫌われ易くターゲットにされ易いです。しかしそれだけ強い魅力やカリスマ性があるという事です。

月が目立つチャート

こちらは繊細で脆すぎて弱くターゲットになり易いです。そのままですね。

冥王星と太陽のハードと合

冥王星が絡みますので支配的な強さが出ます。相手に簡単には従いません。相手が誰であっても態度は同じですから、生意気に見られ易いでしょう。基本的に傲慢だと感じられやすいです。特にハードは自身の人生も冥王星によってすでに虐められているようなものですので、周囲からは弱くも見え、扱い辛く感じ易いでしょう。

水星と冥王星のハードと合

コミュニケーションの星が強い星に痛めつけられますので、支配下に置かれやすい、つまりいじめられやすいです。ただ特に合は援護の意味も大きいので逆にいじめっ子にもなりやすいです。頭が非常に良いですのでどちらの可能性も大きいアスペクトです。

ブラックムーンリリス、小惑星Lameia、小惑星Priapusが目立つチャート

好き嫌いがはっきり分かれます。異性的魅力が非常に強い方が多いです。そしてそこが好悪が分かれる点となります。

準惑星エリス (136199) が目立つチャート

不和の女神エリスは他者との関係を不協和音によって成り立たせようとする性質があります。口論も大好きです。よって他者をイライラさせ易いでしょう。

 小惑星toro (1685)が目立つチャート

虐める、虐められる星です。いじめっ子はいじめられっ子と紙一重ですので正にそのようなものです。

小惑星nemesis (128) が目立つチャート

こちらはニコニコしながらこっそり相手に嫌な事実を湾曲して伝える星です。いじめっ子、いじめられっこどちらにもなり得ます。とても嫌われやすい星で、目立つタイプですが、巧妙に周囲に嫌われないよう立ち回る事も可能で自分を守るのもうまい非常に強かな星です。

チャートルーラーと冥王星のハード

チャートルーラーは人生とその人そのものを表しますので、そこが冥王星から傷をつけられた状態になりますと、人生は苦しいものとなりやすく全体的に扱いづらい人格を作り出します。

蠍座のステリウム

蠍座のルーラーは冥王星、火星ですので、冥王星が目立つチャートと同意となります。

小惑星リリス(1181)が目立つチャート

女性の主義主張を通すので、男性から嫌われやすいです。よって男女間でのいじめに注意が必要です。非常にパワフルで前向きな強い女性の星です。

金星と冥王星のハード

美しい優しい愛情の星が強い星に痛めつけられますので、また支配下に置かれますので愛情面で他者からの傷を負いやすいです。異性的魅力も非常に強いのですが、陰性のものとなります。

月と冥王星のハード、合

合はどう転ぶかわかりませんが、ハードは脆い月が強い星に痛めつけられますので要注意と言えます。弱った月を他者は見逃しません。乗り越える力がありますのでカリスマ性は強いです。

小惑星Prey(6157)が目立つチャート

こちらは獲物を追いかける星ですので、どちらかというと他者にちょっかいや、いじめをし易いです。逆にターゲットになる事もあります。

小惑星Lambが目立つチャート

か弱く可愛いのでターゲットにされ易く、いじめられ易いです。しかし他者に守られやすくもあります。

続きます。

コメント

  1. y.m より:

    vanilla様

    新しい記事の掲載ありがとうございます。とても興味深い内容です。
    私はlambが太陽にタイトに合です。外見的にも華奢なせいもあるのかわりと頼りなく見えるようで、少し困っている場面でも助けてもらえることが多いです。(知らない人に道に迷ってる時に声をかけてもらえる、重いものを持っている時に手助けをしてもらえる等)
    嫌われる星をあまり持ちたくはないのですが、チャートルーラー金星(ASCとも緩めの8度で合です)の0度オポで冥王星なので確かに思い当たる節はあるかもしれません。またトゥルーリリスも火星やPOFやエロスとタイトに合なので強めかもしれません。火星は赤緯で見てもOOBなので余計に強そうです。。
    そして調べるとネメシスも合でした。蟹4度にトゥルーリリス、エロス、ネメシス、全部います。めちゃくちゃ意地悪そうな配置ですよね。何だかこれだけで見ると恋愛面ですごく悪そうな気がしました。普段はたしかにニコニコしてますし嫌いな人がいても周りに言うことはないのですが、誰かが言い出したのを皮切りに話すことはあります。。気をつけようと思いました。
    月木星が合かつ土星とトラインなので、少しは手助けになってくれるでしょうか。個人的には他者との摩擦はなるべくなくしたいとは思うのですが、緩和の星があれば是非教えて頂きたいです。

    • 睡蓮 より:

      Vanilla様

      こんにちは。
      新しい記事をありがとうございます。
      Vanilla様の新しい記事は知らない事が沢山あって、いつも嬉しいです。

      私はLameiがオーブ1度で水星に合でした。この小惑星は感受点のリリス関連の天体なのですね。
      好き嫌いがハッキリ分かれるとあるので、周りの方々を嫌な気持ちにさせない様に言葉は大切にしなくてはいけないと感じました。
      元々水星に金星やバーテックスが合なのでLameiともオーブを緩くすれば合とも言えます。他の方の感想に赤緯のお話があったのですが、私も水星金星はOOBなので、他の天体や小惑星の絡み方次第では個性的な出方をするのかもしれません。この度の記事を読みながら、水星の司るコミュニケーションや思考を優しく使いたいと改めて感じました。

      また、Lambはキロンとともに9ハウス。mcに近いです。実感としては構われやすいとは感じます。意地悪はされないのですが戸惑う事はあります。
      私は元々10天体同士に衝やスクエアがありません。オーブを10度以上広げれば1つ出来るのですが。その為、行動力に乏しく、あまり目立つ方ではないと感じるのですが、キロンやLambのある9ハウスの学校の場では特に受動的だったように思います。
      無意識で自分を守るために気をつけていたのしれませんね。

      小惑星を入れると流石に衝やスクエアができます。ネッススが12ハウスにあるのですが、月とハードが出来ます。そして、確か以前に調べた時にデジャニラが月とオーブを4度まで緩めれば合になった記憶があります。
      以前Vanilla様がご紹介してくださった記事にシナストリーでネッススが月やデジャニラに絡む時のものが当たっていたので、個人的にこのネッススとデジャニラはドキリとする小惑星です。
      ネッススは小惑星の中でも有名なものなので、タイトだと実感しやすいのかもしれませんね。
      もし、Vanilla様のお時間の都合があればネッススの緩和の仕方を教えていただけると嬉しいです。

      私もVanilla様の記事を元に少しずつ自分や周りの方のホロスコープから、自分なりに小惑星を見るようになりました。
      まったく知識がなかった頃より少しは分かるようになったかな?と思っていましたが、Vanilla様の記事を読むと「当たり前だけれど、まだまだ私は全然小惑星を知らないですね…」と思います。
      でも、それがとても楽しいです。

      新しい記事を掲載してくれているのを見ると、今日はどんな小惑星や神話なのだろう?と嬉しくなります。
      この度も新しい知識をご教授頂き、ありがとうございます。

      • Vanilla より:

        睡蓮さま

        いつもコメントありがとうございます。
        嬉しいです。

        水星と金星が目立つホロスコープなのですね、赤緯でもOOBとは、芸術的な才能や表現力に恵まれますね。
        Lameiaはそうですね、ギリシャ神話由来の小惑星でゼウスの愛人、大体リリスと同一視されますが、バビロニアのアッカド神話のBMLとは若干違い、リリス特有の闇のフェミニズム、ファムファタル部分が減り異性的魅力や魔性的な部分が強い星です。しかしヘラに苦しめられますので、その辺りのトラウマと苦しみは似ています。
        基本的にLameiaの方が扱いやすいです。ダークな異性的魅力に溢れ、愛されますし憎まれもする星です。BMLよりも(特に女性に)嫉妬され易いのが特徴です。
        女性に嫌われ易い星ではありますが、アスモデウスも合ですし、緩和され魅力的な出方をするかもしれません。
        Lameiaも面白い小惑星ですのでそのうちポスト致しますね。

        Lambの体感も大変参考になります。ありがとうございます。
        か弱く可愛い星でもあるので、よく出れば守られ易い星でもあります。

        ソフト優勢のホロスコープなのですね。とても恵まれているかと感じます。カイトなどはあってもいいかなとも感じますので、小惑星でカイトができるとまた新たな境地に踏み込めますね。

        NessusとDejaniraと月のハードは重いですね。
        Nessusのハウスが良いので他者にはほぼ向かうことはありませんが、またオーブ4もワイドですね。
        しかしNessusとDejaniraネイタルのこちらの絡みも興味深いもので、アップしましたらこちらのコメント欄からご連絡差し上げますね。

        他にも色々楽しく興味深い小惑星がありますので、どんどん紹介していきますね。

        いつも参考になるご考察や体験談ありがとうございます。
        大変勉強になっております。

        今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

        • 睡蓮 より:

          Vanillaさま

          何度も申し訳ありません。
          私、小惑星ナンバーを間違えてしまっていました。
          月とオーブ4度で合なのはガラテアという小惑星でした…。
          また、12ハウスのネッススがオーブ3度でハードなのは土星です…。
          多分ネッススの方はネイタルではなく、シナストリーで私の月とハードの方が何人もいらっしゃったので、間違えて記憶してしまったんだと思います。
          月がデジャニラと合だと勘違いしてたのは、単純に小惑星と小惑星ナンバーを間違えて打っていたのだと思います…。
          小惑星ナンバーの74と157って7しか合ってませんよね。どうやって間違えたのかと自分で驚きです。
          とっても恥ずかしいですね。

          そそっかしい所は自覚のある自分の短所です。
          本当に気をつけなくてはなりません。

          けれどネッススとデジャニラはとても興味深い小惑星です。
          特にネッススは小惑星の中でも、よく耳にする小惑星なので…。

          これからも新しい記事を楽しみにしています。
          何度も申し訳ございませんでした。

  2. リビサ より:

    Vanillaさん、こんにちは。
    やはり小惑星はパーソナルで限定的な、深い出来事が分かって面白いですね!
    LambがMCと同じ度数で、他にも9室にはdejaniraやlameia等々、ネガティブな小惑星が数多く固まっているんですが、専門学校時代は正に暗黒期という感じでした。
    事実うつ病になり、今でも学校のある土地に近づくと体調を崩すのですが、私を守ろうとして下さる方もいました。
    正しくLambの表す通りですね。
    私を退学させようと、親に事実無根の悪口を電話をする先生がいたのですが、別の先生は悔しくて泣いている私を見た途端、自分の立場も顧みずに職員室に突撃し怒鳴り声を上げ庇って下さったし
    病院の医師に学校で言われている事を致し方なく説明した所、憤慨した医師自ら学校に直接抗議したりと、
    虐められるにしろ守られるにしろ苛烈でした。
    LambとMCに冥王星が1度差の衝なのもあるんでしょう。
    また、虐める側は全て女性、守る側は全て男性だったのはlameiaと無関係では無いかも?と思います。
    何にせよ、Vanillaさんがいつも小惑星を紹介して下さることで、自分の過去も未来も別の視点から見ることができてます。
    ありがとうございます!

    • Vanilla より:

      リビサさま

      コメントありがとうございます。

      貴重な体験談を教えてくださりとても参考になります、ありがとうございます。
      とてもお辛かった事だろうと感じます。
      冥王星は弱い星を守りますから、MCに合で目立ち、か弱く、ターゲットにもされ易く、また強い力で周囲が援護に回るのが両極端で、ご考察の通りかと感じます。

      Lameiaは男性に好かれ、女性に嫌われますので、そちらの解釈も仰る通りかと感じます。

      これからもゆっくり色々とアップ予定ですのでどうぞ今後とも宜しくお願い致します。

  3. スピカ より:

    vanilla 様

    こんばんは。今回の記事もとても興味深くて楽しく読ませて頂きました。
    ありがとうございます。

    なるほど、、、と唸りました。

    私は9室に金星冥王星合なのですが、高校2年生のときに恋愛でとっても傷ついてものすごい大変な時期でした。

    それから高校に入ってすぐに、わたしの机の中に入れていたピンク色のクリアファイルに
    黒いマジックで○ねという文字が大量に裏表書かれていて、ひどくショックを受けました。

    入学して早々のことで、クラスに知り合いは誰一人おらず
    おとなしくしていたのになんでだろうと疑問でした。

    書いた犯人が特定できず最後まで謎に包まれたままでしたがそれもなんだか冥王星っぽいなと思いました。

    そして、10ハウス月土星合があるので、社会人になりたてのころいじめられたのかなと思います。
    鬱病になって辞めましたが、その後もいろいろな会社に入りましたが会社で傷つくことが多くて情緒が不安定なのが常でした。
    それも月が10ハウスだからしょうがないか、と自分で納得できたので良かったです。

    ここ2、3年前のことですがとある女性ばかりのオンラインサロンで
    陰湿ないじめを受けてとても傷ついていまようやく精神的に復活してきたところなのですが、
    11ハウスに天王星がありまして、内心反発心を抱いていたり
    異論を持っていたりしたのでいじめを引き起こしたのかなと思いました。

    でもなんだかこちらの記事を読ませて頂いたら、
    被害者意識が薄くなったと言いますか、

    まあ、しょうがないことだったのかも。自分では避けられないことだったのかも。
    と思えてきました。

    そう思うことができてとても救われました。

    この記事を書いて下さりありがとうございます。

    • Vanilla より:

      スピカさま

      コメントありがとうございます。

      貴重なご経験のシェアリングありがとうございます。
      大変参考になります。
      お辛い経験をなさったのですね。
      冥王星は変容とカリスマ性の星でもありますから、精神面で成長を繰り返されたのではと感じます。

      冥王星には良い面も沢山ありますので、そのような記事も今後アップ致しますね。

      今回のポストがスピカさまのお役に立てたならとても嬉しいです。

      今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

  4. 睡蓮 より:

    Vanillaさま

    こんにちは。
    ご返信下さり、ありがとうございます。

    ラミアはゼウスに見初められて酷い目にあった女性ですものね…。
    ラミアやメドューサの物語を見ているとギリシャ神話の神々の怒りは本当に激しいなと感じます。
    映画やゲームなどにもラミアの姿をしたモンスターが出てくるので、神話を知らなくても姿は有名ですよね。

    もう1つのプリアポスはアフロディーテの息子なのですね。
    ラミアの方は昔読んだ記憶があり、思い出したのですがプリアポスは記憶にないので、この度初めて知りました。

    水星金星はOOBではありますがディグニティが良い訳ではないので、良い意味で目立つというよりは、時々エキセントリックに出るという印象があります。
    これが天体がドミサイルやエグザルテーションでOOBなら突出して目立つのでしょうね。
    水星にアスモデウスが合なのを覚えていて下さったんですね。嬉しいです。ありがとうございます。
    水星金星の合の水星の方にアスモデウスもLamiaが合ですが、同性に嫉妬されるという経験が記憶になくて…(良い事ですが)
    嫉妬をされるという事は、それだけ強い魅力があるという事。なので私の場合は嫉妬されるような魅力には乏しいのかもしれませんね。
    ただ、声質が綺麗とは言われるので水星に金星やアスモデウスやLamiaの合はここに出ているかもしれません(声は月かもしれませんが)

    10天体のみだとハードはオーブをかなり広げて出来る1つのみになります(アングルなどにはハードもあります)
    ただ、オーブが広いハードでもタイトなソフトと近いくらいに実感はあります。なので、やはりハードの方がソフトよりも強く出るのかな?という印象があります。
    私のオーブを広げて1つ出来るハードは天体同士もMRなので、割と緩やかな出方をしている方だとは思いますが、ハードの影響が表面に出なくても内面には葛藤が生まれるとは感じています。

    そうですね。カイトとかあると素敵ですよね。私もカイトやミスティックレクタングルなどがあるホロスコープの方を見つけると美しくて心躍ります。
    10天体やよく聞く感受点にはなくても、小惑星を入れると複合アスペクトも出来ると思うので面白いなって感じます。

    はい。12ハウスのネッススが月とデジャニラにハードです。オーブ4度はワイドにはなるのですが、やはりネッスス絡みは気になってしまいます。
    以前Vanilla様がシナストリーで月とネッススの事を書いてくださっていた記事のものが当たっていました。
    私の月にネッススをタイトにスクエアや衝を形成している方は、私自身が苦手意識を感じる方ばかりだったんです。ただ、私の月に相手のネッススがハードで絡んでいても相手の木星も合やソフトで絡んでいる場合はかなり緩和されていました。
    また、私の太陽に相手の月が合の人はネッススのハードはほぼなくなっていた様に思います。
    私の月にネッスス以外にも火星や土星もハードで絡んでいたパターンの人は非常に大変でした。こちらから距離を置いても積極的に追いかけてくるので…。ここで困るのは相手は良かれと思っての行動や言動が、こちらからすると疲れてしまうという点…。
    なのでネッススが柔らかい月に絡む場合は関係性には十分に気をつけなくてはならないと感じています。私のネッススが相手の月に絡む場合も気をつけようと思いました。

    はい。いつも本当に楽しく読ませて頂いています。
    数多くの小惑星の紹介以外にも、新しく神話を知るのも楽しいですし。
    また、Vailla様はモダン以外にも古典にもお詳しいのだろうなと記事を読んでいても思うので勉強になることが沢山あります。

    いつもありがとうございます。
    ご無理はせずに、どうぞお体に気をつけて。
    今後とも宜しくお願い致します。

  5. きな より:

    はじめまして。
    最近ホロスコープにハマり、こちらのサイトも楽しく拝見しております。

    職場で女性から意図せず距離を置かれたり嫌われることがままあります。
    記事を読んでMCにLameia合と12室蠍座ステリウム、蠍座冥王星の影響かなと思いました。
    本当にさっぱりした性格の女性とは仲良くなれるので、わたしを嫌う女性は私の中に女の悪いところを見てるのかもしれないですね…無自覚なのでなかなか直すのが難しいですが星の影響と思うと少し気が楽になります。

    これからも更新楽しみにしてます!

タイトルとURLをコピーしました