シナストリーのアスペクト 太陽と海王星

占い

見知らぬ沼の奥地で空を仰ぐ

こちらのアスペクトはネイタルでもソフトハード共に扱いづらいものです。シナストリーですと、簡単に言えば海王星側が太陽を惑わします。ソフトもハードも作用は同じで、強弱の違いでしょうか。どのアスペクトも太陽側はかなりの混乱を強いられます。金星と海王星は魅惑の相性でしたが、こちらは魅了すると言う作用がないためただ単純に惑わされるといった風です。作用は合、ハードがもっとも強く良くも悪くも相手の虜になり幻影に振り回されます。ソフトでも扱いづらさは変わりません。この相性は、中毒のような、混乱と、責任からの逃亡、先の見えない幻覚を見せます。一緒にいると楽しいでしょう。あなたは不思議な夢を見たことはありますか?悪くもよくもない不思議な夢の中で食事でもしたことはありますか?美味しかったでしょうか、どんな味がしたのでしょうか。幻覚は幻覚であり、目覚めの合図で現実に返ったら、取り返しのつかない状態という事も多いにありますので、この相性は注意が必要です。

ソフトですと、夢の中で美味しい甘い黄金色の蜂蜜を舐めたかも、しれません。果たしてそれが自分に必要であったのかは知る由もありませんが。

解説も惑わせる不思議なアスペクト、この相性にドップリ一度浸ってみるのも悪くはないかもしれませんね。因みにハードですとネイタルで持っている方はとてもモテるでしょう。周りが中毒になるのです。

現実において非常に混じり合いづらいアスペクトの1つです。中毒性も高いので依存しやすい関係でしょう。恋愛では、ソフトもハードも何がなんだかわからなくなり、道を踏み外しやすく後悔しやすいので、要注意のアスペクトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました