ネイタルにおけるVT軸のアスペクト 使命

占い

ネイタルにおけるVT(バーテックス)軸とは

VT軸のアスペクトはシナストリーですと宿命的にそのお相手が自分に何をしてくれるのかわかります。(i.e.金星合ですと愛を与えてくれる。)ではネイタルですと、基本的な構造は同じですが、宿命の出会いというよりも、宿命的にしなくてはならない事がAVT(アンチバーテックス)、宿命的にされる事VT(バーテックス)となります。最も重要なのは合する惑星や準惑星、小惑星、恒星などの意味です。VTではそのような人々が周囲に集まり易いとも読めます。AVTはほぼ使命のようになるので、社会に発信していく立場です。よって、悪星は要注意となります。
ネイタルにおけるVT軸の解釈は、星の合が最も重要で、次にサイン、真逆のサインの軸ですから、どの軸でも重要なように、VT軸でも乗り越える宿命的な課題として扱われます。ハウスはその際の強いヒントとなります。
合する星ですが、惑星は何もない場合、小惑星をよく見られると良いと感じます。惑星ではわからない多様で奇妙で、魅惑的な世界が延々と広がっていく事でしょう。

大体オーブは2度まで3度でワイドです。恒星は0度。合のみです。
では考察していきましょう。こちらではVT、AVTをしっかりと分けて解釈します。またわかり易い小惑星の解釈も混ぜます。

※以下要注意を含みます。苦手な方は読まないようにお気をつけ下さい。

VT軸とNessus

要注意
こちらはとても解釈がわかり易いです。加虐の星ですので、VTに合の場合自分が害を加えられ、AVTの合は自分が他者に害を加え易いです。
ホロスコープは多様性が大きいですので、例えば、セレス(両親)、とNessusの合がVTに合だとすると親から害を受け易いと読めますし、ラム(弱者)とNessusの合ですと害を受けた弱い人々が周囲に集まり易いとも読めます。混ざる星との相互関係も柔軟な解釈が必要となります。

VT軸とジュノー

ジュノーはパートナー、結婚相手ですが、愛情面で言うと忠誠心の高い、深い愛情です。ですのでVTに合ですとそのような愛を受け易い、その様な人々が集まりやすい。となり、AVTでの合は忠誠的な愛情を社会で与えるとなります。

VT軸とキロン

要注意

こちらはやや複雑で、強い精神力が必要な配置です。VTに合では傷を受けやすく癒しも受け易いです、また癒しを求める人々が集まり易いです。問題はAVTとキロンの合です。VTとオポジションなわけですから、VT軸で受ける事全ては深い傷となります。宿命的な軸であり、生来その傷は逃れられません。それらを全て何度も乗り越え、AVTで社会に還元します。この配置の方は他者を助ける、癒す、カリスマティックな使命を背負っている方と言えます。傷を受ける場所はキロンが入るハウス、その原因はVTの星々となります。

VT軸とキルケ

こちらは分かりづらい小惑星との合との例ですが、キルケは基本的に最恐の悪女の星ですので、VTに合なら悪い魔法でも他者からかけられるのかと思いますが、キルケは諸説ありますが、好みの男性を全員弄んでから動物に変えた魔女ですがオデュッセウスには負けています。そして最終的に動物に変えられた男性もオデュッセウスに命令され皆元に戻っています。その後皆をワインや美味しい食事でもてなしたと言われます。つまり、こちらの小惑星はもう1つ価値を認められもてなされるという意味も持ちます。ですのでVTに合ですとおもてなしを受けることが多くまた、有能なアシスタントが周囲に集まりやすいとも読めます。AVTに合ですと素晴らしいアシスト能力があるか、誰かの手助けをしたり、おもてなしをするのが好きなタイプでしょう。

VT軸と水星

VTに合ですと知識欲を刺激する人々に出会い易く、また知恵を授けてもらい易い配置です。AVTに合では自身が持っている知識を社会に発信したり伝達能力に優れますので他者との様々な架け橋になり人気を集めるでしょう。

VT軸と金星

とても恵まれたアスペクトで、VTに合ですと他者から愛情を受けやすく、洗練された方々に愛され易く、出会い易いです。AVTの合も、他者を愛するアスペクトですので、社会に愛を発信する使命を持った素敵な方でしょう。

VT軸と冥王星

こちらはvtに合ですとちょっと大変です。権力者がやってき易い、と読むと援助運があり良いのかなと感じるかもしれませんが、常に自分より上の立場の人々が集まり易い、命令されやすい、威張られる、つまり常に弱い立場に立たされ易いとも読めます。AVTの合は真逆で、自身が他者の上に立ち易い、ジャイ●ン的なアスペクトです。

※ホロスコープは総合的に解釈して下さい。

続きます

コメント

  1. 睡蓮 より:

    Vanilla様

    この度も新しい記事をありがとうございます。
    前回のバーテックスの記事も興味深かったですが、ネイタルで私のバーテックスは水星金星と合だったので、こうしてネイタルの場合も記事にしてくださると、ありがたいです。
    アンチバーテックスの場合の事も書いてくださって、ありがとうございます。

    水星との合は確かに知識欲を刺激される方との出会いは多く、また私も好きな事に知識欲があるので嬉しい配置だと感じます。
    金星との合の他者に好かれやすいかは分かりませんが、少なくとも他者に嫌な思いをさせない様に努めたいとは思います。

    そして個人的に気になってしまうキロン。バーテックスやアンチバーテックスとは絡んでなかったですが、キロンはやはり傷と同時に自分や他者への大きな癒しとなるんですね。
    自分のホロスコープのキロンを優しい意味で使いたいと感じました。

    バーテックス軸は影響力のある感受点と聞くので、こうして纏めて下さると勉強になります。
    この度も素敵な記事をありがとうございました。

    • Vanilla より:

      睡蓮さま

      いつもコメントありがとうございます。
      前回のコメントも後ほどゆっくりお返事致します。

      はい、前回ネイタルのVTのアスペクトに関してお話をして下さっていたので、今回のテーマに致しました。
      水星と金星のVT合は愛情、知識、表現力の面で素晴らしいアスペクトかと感じます。体験談大変参考になります。
      水星と金星の合ですと人気者や、饒舌な方々、芸術家が周囲に集まり易いとも読めますね。いずれにせよ恵まれているかと感じます。

      AVTに合の星はまた真逆の作用で社会に発信していくので、何が乗るのか気になりますね。

      キロンですが、仰る通り自身の傷は治せない(治しづらい)けれど、他者の心の傷は癒せますので、癒しやカウンセラー能力は素晴らしくカリスマ的な星です。ただキロンのテーマは常に自己のものも含めた傷ですので、精神力の強さが試されるような、カルミックな星の一つでもありますね。
      キロンが目立つチャートはそれだけの優しさ、強さ、器があると言う事ですから是非役立てていってくださいませ。

      VT軸関連はまだまだ考察途中ですが、徐々に精度を高め完成させていければと感じます。
      仰る通りVT軸はチャートにおいて非常に重要で神秘的な軸です。

      これからもどうぞよろしくお願い致します。

      • 睡蓮 より:

        Vanilla様

        ご返信を下さり、ありがとうございます。
        私も前回ネイタルでバーテックスが天体と合の方が私以外にもいらっしゃったので読者の皆様の為に、このテーマにしてくださったのかなって思いました。
        Vanilla様、すごくお優しい。
        ありがとうございます。

        バーテックスは第二のディセンダントといいますが、自分よりは関わる人達が勉強熱心な知識欲旺盛の方だったり、明るく人気のある人だったり。
        魅力的な方々が多いと思います。
        バーテックスの水星金星が、そういう方々との出会いを表してくれてるのかもしれませんね。ありがたい事です。

        アンチバーテックスは社会への発信ならば、アンチバーテックスに天体がある方は、その天体を使ったアプローチが社会に向けて出来るので、きっと社会への影響力もお強いのかな?って思います。

        感受点のなかでもノード軸とバーテックス軸は影響力のあるもののように感じるのですが、解釈自体は難しいと感じます。
        解釈も様々ですし、色んな説がありますね。
        バーテックスもハウスは関係しないという説とハウスも考慮する説があります。
        バーテックスはある程度ハウスが決まっているとはいえ、私自身はハウスは考慮した方が、より多くを理解できるのではないかと思っています。
        また、良かったらVanilla様のご意見も教えて頂けると嬉しいです。

        キロンはカルミネート天体になるんです。
        カルミネートは10天体を使うものなのでしょうが、小惑星の中でも特にキロンだけは他の小惑星以上に影響がある気がするのです。
        私もカルミネートしている他の10天体より、小惑星であるキロンの方に実感があるので。
        やはりキロンは目立つと感じる天体なんです。

        自分の傷は癒やすことは出来ないのかもしれませんが、キロンが他者を癒すなら、その事によって自分も癒しを得る事が出来ると良いと思います。
        神話のケイロンのようにはいきませんが、少なくとも良い使い方をしたいと思いました。

  2. より:

    ご投稿ありがとうございます。
    とても興味深い解釈でした。
    私は冥王星とVTが合ですので、確かに幼少期からなぜか出る杭が打たれるような友人関係でも威張られるような体験がなかった時期がありません。
    それにより冥王星♏️とアスペクトを持つ水星♒️と太陽♓️のサイン要素が発達するきっかけだったかもしれないと感じます。
    そう考えますと金星木星のある11室♈に楽しみを見出すのは自然な流れだったのかもしれません。
    AVTは11室ですのでそこで自慢し始めるのでしょうかね笑
    ただ自慢するだけにはなりたくないものです。
    VT軸について理解できずにいましたが体感としてすこし理解に近づいた気がします。
    ありがとうございます。

    • Vanilla より:

      葵さま

      コメントありがとうございます。
      ご考察、体験談大変参考になります。
      冥王星ではタフな状況も多かったことと感じます。
      仰る通り蠍座で得たエネルギーはぜひ牡羊座で社会に還元していってくださいませ。

      ただAVTと合の星とVTと合の星の解釈は異なりますので、
      AVTに何が乗るかを探すのも楽しいかと感じます。

      どうぞ宜しくお願い致します。

  3. ローズ より:

    Vanilla様

    夏本番の月となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
    今回も素敵な記事をアップしてくださり、ありがとうございます。

    拝見しまして、子供の頃から言われていた事をずばりと指摘されまして思わず笑ってしまいました!
    (人前だったのに笑)

    VTとAVTともに天体の合はなかったので恒星と小惑星を調べてみました。
    合になった恒星のキーワードに「大げさ」とありまして…笑
    自分でフォローしますと、ParvatiもVTに合です。
    だから夢を叶える時に大げさを使うとよく叶うので夢を描く時にはよく大げさを使います笑。
    月と海王星の合持ちなので大げさの空想は得意です。
    しかもそこに叶ったときの感情ものせます。笑
    これは皆の願いの時もよく叶った時の空想を話したりしてるのでなるほど、これもそうなんだなぁとびっくりしました。

    またParvatiのことを調べてみましたら…
    パートナーの神様から肌が黒いのはちょっと…と言われて森に引きこもって色々あって色が変わったとありまして。
    私のお付き合いしてる人も色白がタイプで非難はされませんが、色白になれるように頑張ってますがなかなか…
    ニンフェも結構効いてますのでどうしても外出したくなってしまいます。
    私のディセンダントにキオーネが合なので色白を求められるのかなって思いました。

    こんな小さなことまで当たるんですね。
    本当にスゴイです!

  4. リビサ より:

    Vanilla様
    久々にコメントさせて頂きます!
    今回も分かりやすい解説で本当に有難いです^^*
    AVT、VTは単体でも意味深ですが、自分はかなり色々絡んでいて、いまいち意味が掴みきれず。。
    でも、こちらを読んで少しヒントを頂けた気がします^^*

    VT、月、トゥルーリリスが0.3度内に固まっているのですが、それがヨッドの頂点になっています。
    あと2点は太陽と木星なので大きな影響があると思うのですが自分ではよく分からず。
    さらに、その3つはヨッドだけでなくトールハンマーの頂点でもあって、アセンダントと水星が絡んでいます。

    こちらの記事を読んでAVTに絡む星を再度探したら、sapphoが1度未満でした。

    男女問わずから色気があると言われること、男性から性的な目線で言い寄られやすいけどそれが嫌なこと、自分の心を強く非難しがちだったこと、母親と縁を切ってしまった事はそれらに関係あるのかもと思いますが、
    それ以上は紐解くのが難しくて。笑
    強い宿命的なものがあるのでは、と思うのですが…。

    いつかVT軸×月やリリスに関して追記があったらいいな〜と、ほのかに期待しつつ、他の更新も楽しみに待っております^^*
    ありがとうございました!

  5. 淡雪 より:

    以前は質問に答えていただきありがとうございました。いつも更新を楽しみにしています。

    小惑星を見てみましたら、VTにGodiva、AVTにはFoxが合でした。私も魔性、周囲にも魔性の人々が集まるのでしょうか。笑

    私はMedusaが金星に合、Freja太陽スクエア、Adonis太陽金星スクエア、Melusinaがアセンにスクエア、Psyche金星スクエア、Blume太陽金星スクエア、ParvatiとHerenaがmcオポ(IC合)、GloとCharlikoがmcにスクエアなど、美しさや魅力を表すものが魔性系やハードばかりなのです。VT軸も…と思うと面白かったです。
    なんだか要注意人物のように思われてしまいそうですが(笑)、そんなに激しく出ているわけではないと思います。

    ところで、ハードは出過ぎるということですが、美しさを表すものはどうなるのでしょうか。Psycheは美し過ぎる、Charlikoは優雅過ぎる、とは…なりませんよね?どういった解釈になるのか気になっています。(VTの話ではなくなってしまってすみません。)

    さてEpはどうだろうと見てみましたら、EpにAphrodite、WpにはNympheが合でした。美人になりたかったのかしら?とちょっと面白かったです。いつかEp、Wpについても書いていただけたら嬉しいです。

    • Vanilla より:

      淡雪さま

      コメントありがとうございます。
      小惑星は個々に様々な意味と解釈がございますので、美や魅力でまとめているものもそれ以外の意味を持つものが殆どです。

      上記挙げてくださったものは多いので全てをコメントでは解釈はできませんが、例えばPsycheは月の上位交換と単純に考えても良いですし、直感、幻想、過去生、夢のような恋愛といった意味も含まれます。また、Charikloはキロンの妻で、優雅さを主に示しますが、癒しも意味します。また同情、個性を際立たせる、精神的な成長、勇敢、自尊心、思いやりから来る厳しい本音その他様々な解釈ができる星です。

      個々の小惑星の詳細は少しづつアップしていくので、更新をお待ち下さいませ。

      EPも興味深いですね、仰る通り掘り下げていけたらと感じます。

      ゆっくりお付き合い頂けますと幸いです。
      どうぞ宜しくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました