アセンダント軸とブラックムーンリリス

占い

アセンダント軸とリリスの合

リリスと惑星の相性も興味深いものばかりですが、さて、では軸はどうでしょうか?

ネイタルでは、はっきりと隠れていたリリスの悪い面が現れやすくまた、惑星とはまた一味違う強い絆とご縁をシナストリーでは与えます。

リリスの隠された本質は変わりませんが、軸ではそれがより顕著に主張します。

リリスの世界観をより深く追求していきましょう。

リリスは剥き出しの異性的魅力を表すので、とても魅力的で蠍座アセンダントのようなミステリアスな雰囲気、冥王星が強い磁力がある強い存在感を持ちます。ですので、その面ばかりが取り上げられることが多いように感じますが、リリスの単純なキーワードは天罰、復讐、報復、嫉妬、自由、革命、恐怖です。

アセンダントとディセンダントとは

基本的にリリスのシナストリーにおけるルールとしては、惑星とリリスの場合、リリス側に惑星が執着して振り回されるケースが多いです。
軸はというとこちらは相互補完のような形で、お互いに惹きつけ合いリリスを引き出します。ですのでアセンダントとの方がより強くリリスの悪い面と戦う事となります。お互いに性的魅力が強く惹かれ合うのはACもDCも同じですが、運命の女性でもあるリリスを素直に受け止められるのはDCです。アセンダントでは2人は前を向いているのでより自由にリリスが暴れ回り易いのです。ディセンダントではリリスはある意味抑えられますので、そうなります。

以下やや閲覧注意を含みます。

ネイタルにおけるリリスとアセンダント合

周りがどんな目で私を見てるかわかってるわ

リリスは悪い感受点ですので、ホロスコープで目立つ配置にあって余り良い事はありません。異性的魅力は非常に強く、異性のみから関心を、子供の頃から惹きつけやすく、外見的にも目立ちますがそれが本人が望む形である事は少なくまた、特にアセンダントはリリスの粗野で攻撃的な部分も目立つので、他者に受け入れられづらいか対立し易いでしょう。

子供の頃にとても嫌な思いや経験を抱えている方が多い配置となります。また1室でアセンにタイトであれば出生時に何か問題があったかもしれません。

自由である事や女性の強さを求めるので、窮屈な環境では生きづらく、それは過激な行動へと自分自身を駆り立てる事となります。精神的にはとても強く自分らしい方法で全てに立ち向かおうとします。

しかしそのようにどこか風変わりな行動が周囲の注目を集め易くもありそのせいで、外見に自信を無くしたり、そもそも自分がとった行動が精神的な不安を煽り苦しめることにもなり易いです。

総じてリリスとアセンダントの合は幼少期から恥ずかしい思いや周囲からの疎外感、世界の闇を見せ付けられやすく、辛い経験をしている方が多いでしょう。また人生を通して他者から受け入れられ辛いことを基本的には指します。ですので人生と戦う武器が異性的魅力を使用することにもなりやすく、弱々しい色気と言ったものではなく、もっと荒々しい異性的な強さを持ちます。ですので、ユニセクシャルな雰囲気の方が多く、攻撃的で闇をのぞくような行動をとり易くなります。

リリスは他者を怖がらせる星ですので、そうなりますが、過去や現在の内面の辛さも隠す事が上手く、非常に惹きつけられる魅力的な方が多いです。

シナストリーにおけるリリスとアセンダント合

本当はずっと会いたかった。

シナストリーでは強烈な異性的な惹きつけあいを示します。お互いがお互いを一瞬で魅了し、訳がわからなくなり易いです。まず理性が無くなります。リリスは野生的な異性的魅力が強くそれを内側に閉じ込めていますが、2人が出会うとその瞬間に解き放たれてしまいます。モラルを簡単に破り易い2人です。しかしネイタルからもわかる通り単純な関係では終われません。一度関わればリリス側の全てをアセンダント側は受け入れなければなりませんし、2人は一体化します。しかしリリス側の傷や痛みを受け止め、一心に愛情を注いでもお互いに傷つけ合い苦しむことが多いでしょう。喧嘩やトラブル、別れも多いでしょう。ただ絆が深くご縁は断ち切り辛いでしょう。単純に2人の関係はリリス的な禁断の関係である事も示唆します。お2人の絆は深淵にあり、断ち切れない絆です。お互いにどんなに怒っていても最終的に許すでしょう。どんなに冷静でいようとしても、嫉妬心がすぐに湧き上がるでしょう。また2人はどんなに一緒になりたくても、その願いは叶わないかもしれません。もしくは何もかも捨てて一緒に逃げ出すことも出来るでしょう。お2人は自由でパワフルです。さまざまな恐怖に一緒なら打ち勝つことができます。この相性は、狂ったように愛し合い、薄いガラスが何枚も割れるように傷つけ合い、酸素が枯渇したかのように苦しみながら別れ、そして何事もなかったかのようにまた、お互いを受け入れる事が自然にできるでしょう。解き放たれた動物的な本能は誰の手にも負えません。

※友人、同性間ですと、リリス側をAC側は不快に感じやすくお互いに嫌がらせや不愉快な態度をとりやすくもなります。

シナストリーにおけるディセンダントとリリスの合

あなたが求めていたものはあなたを満足させられた?

ディセンダント側はリリスの危うい異性的魅力に惹かれます、と同時に怖くもあり、また嫌悪感も感じます。誰もが心の中に悪い面と良い面を持つかと感じますがこの相性はお互いの、特にリリス側の良くない性格の部分を気にいってしまうので、2人の関係はは葛藤が起きやすく動揺が生じ易いでしょう。悪い面を引き出し、それをお互い求め合います。

またアセンダントと合との大きな違いはディセンダント側は自身の異性的な魅力や欲望を恥じており、リリス側に隠そうとすることが多い部分でしょう。

しかしそのディセンダント側が隠そうとする苦手な部分こそがリリス側が持ち得ている魅力です。そしてその部分がディセンダント側にとって最も完璧でパートナーとして自分が相手に求めている要素でもあります。

ですから、惹きつけ合う力はとても強いです。ただ、リリスは良くない感受点でありアングルも星ではないのでお互いのエネルギーをその空間に充填するような関係になります。お互いにお互いのリリス的な面を満たすことで関係が成立します。

リリス関係のシナストリー全般に言えることですが、禁断、秘密、公にはできないパートナー関係も強く示唆します。こちらはしかしアセンダントとの合が最も強いです。

お互いの隠された欲望は同じで、ある意味理想的な運命の女性でしょう(リリス側が女性であれば。)異性的な相性もとても良いです。しかし扱いやすくはありません。基本的には苦手である事柄ですので、問題も生じやすいでしょう。乗り越えるたびに過去を振り返ることになります。パートナーとしての2人の理想の姿がリリスと重なるので有れば、アセンダントとの関係よりも非常に穏やかに調和する事は可能ではあります。

必要なものを補う関係だからです。

続きます。

コメント

  1. 睡蓮 より:

    Vanilla様

    こんちちは。
    新しい記事をありがとうございます。

    この度の記事はリリスなのですね。 
    リリスは私はブラックムーンリリスのトゥルー値とミーン値。ダークムーンリリス、小惑星リリトと4つ程あって、最初はどれで見るのか分からず悩んだものです。

    ブラックムーンもトゥルーとミーンがありますが、今はブラックムーンのトゥルー値で見るのに固定しています。
    トゥルーとミーンだとちょっとだけズレますよね。

    元々ブラックムーンリリスはネイタルで軸やパーソナルプラネットとあまり絡んでいないのもあり、あまり目立たない感受点です。
    アセンに合だと非常に魅力的なのでしょうが、歓迎しにくい好意を向けられる事が多いと聞くのでご本人様がそれで苦労する事もあると聞きます。
    それだけ強い吸引力のある魅力を持つ人なのでしょうね。

    ブラックムーンリリスは個人的には他者よりは自分だけが自覚しやすい闇や不安、攻撃性や凶暴性といった印象を持っています。
    ブラックムーンリリスは月と違って満たしたり、他の天体のように活かしたりするのではなく、自分の持つ闇や不安をただただ純粋に受け入れてあげる事が大切な感受点なのかもしれません。

    シナストリーでも周りの方々を何人かと見てみましたが、お互いにアングルに絡むリリスを持つ人はいませんでした。
    ただ、アセンではありませんが相手の金星が私のリリスに合の人はいました。
    オーブは1度未満なのでタイトです。
    リリス側の私は相手に対して庇護欲を感じやすいです。相手が楽しそうにしている事を見守ったり、危ないと思えばすぐに庇ったり。
    以前の記事にシナストリーでリリスと金星の合のことがありましたが、確かにリリス側が金星に愛らしさを感じて、守ろうとする出方をするのだなと感じました。月や金星は受動天体なのでリリスの方が能動的に働くからかな?と思います。
    アセンとの絡みだとリリス側のそういう態度はアセン側にとって不快となるのかもしれませんから、今後リリスとアセンのタイトな合がある人と出会う事があれば気をつけていこうと思います。

    この度も新しい知識をありがとうございます。
    続けて色んな記事を読む事が出来て、やっぱり面白い!本当に楽しい時間をご提供して頂いております。
    いつもありがとうございます。

    • Vanilla より:

      睡蓮さま

      いつもコメントありがとうございます。

      仰る通りですね、全部では5種あるようです。私はずっとミーンでしたので、トゥルーの存在に有難い方に教えてもらうまで気づいておりませんでした。
      私個人がミーントゥルー誤差0のせいもあり、チャートで出してはいましたが同じものだと思っておりました。
      その後よく見てみますと30度以上離れる方もいて、サインもハウスも変わりますから、面白いですね。
      ブラックムーンリリスとダークムーンリリスを混ぜて同じものとして解釈する方も稀に見かけますし、色々ですね。

      はい、仰る通りリリスは運命の女性の象徴ではありますが、反抗心と復讐心の塊ですから、アダムの肋骨がなくなってエヴァが生まれてそれで、どうしたの?楽しかったの?
      というような挑発をします。
      チャートでは非常に魅力的で引力が強いですが、天罰や、恐怖、不安、サバイバーでもありますし目立たない方が良いです。
      月は子供も象徴しますので、ブラックムーンリリスはネイタルで目立ちますとよって幼少期とも相性が非常に悪いです。

      金星との相性との体感またご考察非常に参考になります。
      いつも大変勉強になります。
      ありがとうございます。

      今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

  2. さくらんぼ より:

    Vanillaさま

    いつも楽しく拝見して、勉強させていただいております。

    リリスは、ちょっぴりこわい…でも何だか魅力的な感受点ですね。

    アセンダントとの合ですが、オーブはどのくらいで見れば良いのでしょうか?

    惑星ではないので、少しタイトにみるのでしょうか?
    ご教授いただけると幸いです。

    よろしくお願いいたします。

    • Vanilla より:

      さくらんぼさま

      コメントありがとうございます。
      親切なお言葉嬉しいです。

      アセンダント軸とリリスは5度くらいまでかなと感じます。
      オーブは基本的にこれ!と決まったものはありませんので、基本的なルールや考え方はございますが、個人の采配で宜しいかと感じます。
      惑星ほど広くなく小惑星ほど狭くない、ぐらいを私個人的には取っております。

      参考になれば幸いです。
      これからもどうぞよろしくお願いいたします。

      • さくらんぼ より:

        Vanillaさま

        ご丁寧にお返事くださいまして、
        ありがとうございます。
        大変勉強になります。
        これからも楽しく読ませいただきます。

  3. みお より:

    コメント失礼致します。

    こちらアセンダントとリリスの合となってますが、リリスとMCの合はどうなりますか?
    ネイタルなんですが、アセンダントほど気にしなくてもいいでしょうか?

    教えていただけると幸いですm(_ _)m
    よろしくお願い致します。

    • Vanilla より:

      みおさま

      コメントありがとうございます。
      MC軸とリリスもポスト予定でございます。
      アップ致しましたらこちらからご連絡差し上げます。
      どうぞ宜しくお願い致します。

  4. さえ より:

    いつも楽しい記事をありがとうございます(^^)
    シナストリー、ネイタル共にディセンダントにリリス合の場合はどのような解釈になりますでしょうか?
    お時間あります際にポストして頂けましたら嬉しいです。
    どうぞ宜しくお願いします。

    • Vanilla より:

      さえさま

      コメントありがとうございます。
      DCとリリスのアスペクトはポスト予定でございますので、少々お待ち下さいませ。ポスト致しましたらこちらからご連絡差し上げます。
      どうぞ宜しくお願い致します。

      • Vanilla より:

        さえさま

        こんばんは。ディセンダントとリリスのシナストリー解釈をアップいたしましたのでご覧ください。
        ネイタルもまたアップ致しましたらこちらでご連絡差し上げます。

        どうぞ宜しくお願い致します。

        • さえ より:

          Vanillaさま

          アップありがとうございました。
          ディセンの解釈は私には何とも難しいです、やはりテイルっぽいような後ろ向きな感じを受けますね。
          嫌悪感があり悪い面を引き出しそれを求め合う、お互いのエネルギーで空間を充填するなど、またかなり疲弊しそうな相性ですね。汗

          実は以前の彼とは今の相手と逆で相手アセンに私リリス合がありました。
          正にこっそり付き合ってましたし(不倫とかではないですが)不幸な香りがしたので本能的に逃げたくなり別れましたが大変でした。。

          現相手とはそこまでのイヤ〜な感じはしないのですが、DCだから激しさが多少緩和されているという事かもしれませんね。

          自分がネイタルで軸にリリスがあり金星などとも合してるため、リリス絡みな相手を無意識に引き寄せてしまっているのかもです。
          今後はリリスやお互いのDCに全く絡みがない方と出会いたいものです。

  5. 睡蓮 より:

    Vanilla様

    こんばんは。
    リリス、5種類ほどあるのですね。
    それは知りませんでした。
    Vanilla様、トゥルー値とミーン値が誤差0なのですね。珍しい!
    私も0ではないのですが、トゥルー値とミーン値がほとんど変わらないのもあって、最初は結構一緒に考えていました。
    個人的にはブラックムーンリリスの個人の持つ闇よりも、ダークムーンリリス持つ虚無感の方がどこか怖い印象があります。

    はい。リリスはアダムの最初の奥様と言われていますね。
    アダムの妻はエヴァが有名ですが、アダムの肋骨から生まれたからこそエヴァはリリスとは違って従順であったという記憶があります。
    エヴァは元々アダムの一部ですものね。

    リリスはポジティブな見方をすれば強い引力がある感受点ですが、なかなか手綱を握るのは難しそうな印象があります。
    リリスが目立つ方は是非リリスをご本人様の魅力として使って欲しいと思います。
    また、他者から不本意な好意や見方をされている場合は上手に距離を保ち、お心を守って欲しいなと思います。
    身近にネイタルでリリスが強い方がいないので想像でしか言えないですが…。
    でもリリスの目立つ方とお会いすると、とても吸い込まれるよう惹きつける魅力があるのだろうと想像しています。

    リリスがネイタルで目立つと幼少期との相性も少しネガティブな部分が出てくるのですね。
    幼少期の記憶は、やはり成長しても残るものです。最も柔らかい天体ですものね。

    月、IC、サウスノードは個人の心の安心感と繋がるものです。ここに安心があるからこそ、自ら輝く為に反対の未来への光や希望へと歩んでいく事が出来ます。

    ホロスコープの天体と感受点は全て自分自身の力で使っていけるものなので、ブラックムーンリリスは私のホロスコープでは目立たないは言え、必ずあるものです。
    幼少期との関連があるのならば、守ってあげたい感受点だなって思いました。

    Vanilla様から沢山の事を考えさせて頂けております。
    いつもありがとうございます。

    朝晩の気温差がある季節になってまいりました。
    どうぞ、お体に気をつけて過ごされてくださいませ。

  6. ゆう より:

    Vanilla様

    いつも素敵な記事をありがとうございます。
    楽しく、そして新しい発見も多く大変勉強になっております。

    さて、今回のリリスの記事を拝見しまして一つお伺いしたい事が出来ました。

    シナストリーでリリスはとても魅力的で引力があるかと思うのですが、リリス×月よりもリリス×軸の方がお互いの影響や引力が強いのでしょうか?
    今までリリスは月と火星が強いのかなとと思ってましたが、今回記事を拝見するとアセン軸のが激しそうな印象を持ちました。

    Vanilla様の見解をお伺い出来ましたら幸いです。
    宜しくお願い致します。

    • Vanilla より:

      ゆうさま

      こんばんは。コメントありがとうございます。
      親切なお言葉感謝致します。

      ご質問ですが、リリスは星ではないので、POFとのアスペクト解釈(完成予定です)などと似てくるのですが、惑星と絡めば、その惑星にリリスの本性を暴いて見せたり、投影したりとリリス側はできるのですが、軸との合は要は両者のリリスの混ざり合いとなりますので、意味合いが変わり、お互いに悪い面も出やすく、お互いのリリスの扱い方が混ざる形となり、強く出るように感じられるのかもしれません。
      実際、そのような秘密の関係に最も多いのはACとの合です。
      こちらはドラコニックなども見ると良いです。
      月とリリスはそれに続きという事になりますが、絆としては、また優しさも含めますと月とリリスが強力ですので意味合いは変わりますが惹き合いの強さは同じぐらいでしょうか。次に火星以降でしょう。
      個人的な見解ですが参考になりましたら幸いです。

      これからもどうぞよろしくお願い致します。

      • ゆう より:

        Vanilla様

        お忙しい中すみません、お返事ありがとうございます。嬉しいです!
        そして私の早とちりでご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません。

        とても分かり易くご説明下さり、初心者の私でもそれぞれの関わり合いでのイメージがつかめました。
        惑星には投影、軸では混ざり合いなのですね。
        影響の仕方自体が違うとは、、ホロスコープはお勉強すれはする程奥が深くて難しいですが面白いです。
        そしてこの度も大変お勉強になりました。
        POFの記事もぜひ拝見させて下さい。
        これからも楽しみにしております。

  7. さえ より:

    Vanilla様

    度々申し訳ありません。
    妹も一緒に拝見させていただき、素敵な文章にうっとり、そして沢山お勉強になっており大変感謝との事です。
    そしてどうもこちらにコメントが出来ない様でして、質問があるのですが私から宜しいでしょうか。

    妹は今のお相手とリリス火星の合があるのですが、この記事を読みリリスと月や火星と、アセン軸では影響や引き合いは軸のが強いのか気になったとの事で、宜しければvanilla様の見解をお聞きしたいとの事です。

    確かに私も気にはなりますが一概には言えず、個人的には月アセンが強く、次が火星DCあたりかな?と感じています。
    が、ポストを拝見しますと惑星と軸ではちょっと作用が違うとの事ですし比較は難しいのかなとも思います。

    沢山質問をすみません。
    ゆっくりで構いません、いつかvanilla様のお考えをお聞かせ頂けたら嬉しいです。
    いつもありがとうございます、宜しくお願い致します(^^)

    • さえ より:

      vanilla様すみません、上のゆうというのが妹でした、今見ましたら普通に書き込めてましたね!
      大変失礼しました。
      私の方には返信不用です。
      お目汚し申し訳ございません。m(_ _)m

    • Vanilla より:

      さえさま

      いつもコメントありがとうございます。
      コメントの反映にはタイムラグがございまして、ご不便をおかけ致しまして申し訳ございません。

      仰る通り軸との関わりは両者の混ざり合いの仕方が変わりますので比べるのは難しいものです。

      ゆうさまに返信致しましたので、どうぞ宜しくお願い致します。
      今後とも宜しくお願い致します。

  8. Yuhi より:

    お久しぶりです。
    最近また新しい記事が更新されているようで嬉しく、ときどき覗かせて頂いています。

    ネイタルでリリス冥王星合が5度台でアセン軸にスクエアですが、ワイド過ぎるのか特にこれといった実感はなく笑 あるいはそもそもリリスのスクエアはあまり影響が出にくいのでしょうか。
    リリス冥王星は1-7室ノード軸と7室Erosや1室Aphroditeには0〜1度台でスクエアがありますがこちらはアセン軸との絡みとはどのように読み分けるとよいでしょうか。
    「未来と過去を表す軸」という共通点などもあり、私の中でアセン軸とノード軸の読み方を混同しているところがあるかもしれません。

    • Vanilla より:

      Yuhiさま

      お久しぶりです。いつもコメントありがとうございます。
      またご覧になってくださっているとのことで嬉しい限りでございます。

      冥王星とリリスの合をお持ちでしたか!そちらもポスト予定ですので少々お待ち下さいませ。
      またアセンにスクエア確かに5度ややワイドですが、オーブの体感非常に参考になります。
      アセン軸は仰る通り実は深く見ていくとカルミックな軸の一つでもあるので、ノードとはまた別に、カルマ軸ではありませんが、そう言った意味も含むので解釈が若干混同するのは致し方ないかと感じます。

      ノード軸は完全にSNはカルマと過去、ヘッドは今生での達成すべきカルマ、目的地ですので、アセン軸の指す未来と過去とは違います。ヘッドは潜在的な能力、アセンは今最も目立つ能力と考えても良いかもしれません。ただ2つとも人生の目的地を指しますので、その解釈が似ます。
      ですのでアセン軸のスクエアはより現実的な未来と過去においてリリスが邪魔し易いという解釈ですが、長くなりますのでポスト致しますね。
      ポストしましたらこちらからご連絡差し上げます。

      リリスとエロスのスクエアはどちらも異性的な魅力のある感受点ですが、リリスは大事な感情がないのでそこに葛藤が生じますが対人面での異性的な魅力は強いです。
      アフロディーテとスクエアは異性を誘惑する事に強い抵抗感を持ちますがどちらも誘惑する意味合いがございますので、1室ですし、魅力は強くなります。

      これからもどうぞ宜しくお願い致します。

      • Yuhi より:

        Vanillaさま、以前と変わらず丁寧なお返事を頂きましてありがとうございます。

        はい、冥王星とトゥルーリリスが0度台の合です。ポスト予定とのことでとても楽しみです。

        ノード軸とアセン軸の解説、参考にさせていただきます。
        私はASCとSN、DSCとNNがそれぞれ4度台の合でもあるため、これを単純に解釈すると、現在最も目立つ能力=カルマ的な過去にまつわることであり、今生で達成すべきカルマは苦手意識を抱いている何か……と読むこともできますでしょうか。
        これに関しては自分の中でもう少し実感を探ってみる必要がありそうです。
        アセン軸とリリスのスクエアに関する更新も楽しみにしております。

        リリスとEros、Aphroditeとのスクエアに関して、魅力や誘惑の面で葛藤や抵抗感があるというのは納得です。
        金星土星もタイトに合なのでこちらの影響だと思っていましたが、それだけではなかったのですね(金星土星は冥王星リリスに3〜4度でセクスタイルなので尚更かもしれません)。
        異性関係では配偶者や恋人がいる方に好かれるということが多くあり、また私自身も型にはまらない関係性に肯定的なところがあり、これはいかにもリリス的という気がいたします。

        ErosはDSCと、AphroditeはASCといずれも6〜7度ほど離れていますが、ノード軸とはそれぞれ2度台の合になるので、こちらもまたカルマ的な意味合いについても考えてみたいと思います。

        こちらこそ、これからもよろしくお願い致します。

  9. より:

    Vanilla様
    コメント失礼します

    ネイタルでアセンダントとリリスが180°ピッタリで角度をとっているのですが、これはどう解釈するのが良いでしょうか??ディセンダントにリリスが0°で合です。
    よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました