小惑星Hebe あなたの虜

占い

小惑星Hebeとは

頭を優しく撫でて、微笑む

由来となる神話によると諸説ありますが、Hebeはヘラ(ジュノー)とゼウスの娘で若さと青春の女神として生まれました。非常に美しい女性で、全身が光り輝いていたと言われています。

ただ、彼女はそれだけというと失礼ですが他に目立って出来ることはなかったようです。しかしその見目麗しさからゼウス達、神々の集いで不死の飲み物、ネクターを皆に注ぐ役目を仰せつかっていました。

後にhebeは、ヘラクレスの妻となり、その役目は、余りの美しさから地上でも一際目立ちゼウスが一目で気に入り連れ去ってきた人間の王子、Ganymedが引き継ぐ事になります。

神話ではそのように彼女は特に目立って活躍する事はないのですが、占星術的には様々な意味を持つ興味深い星の一つです。分類的には悪い、弱い星とされ、注意しなくてはいけない星です。

基本的な意味合いは、他者に従い助ける星です。特に食事に縁が深いです。異性的魅力も示唆します。地位の高い人々と関わりも深いともされていますが、余り良い意味ではありません。

上下関係の要素が強い星で、立場的に無条件で下につく事になりやすいからです。

こちらはシナストリーで用いられることが多く、惑星や軸と絡むと、相手の言いなりになる。支配される。抵抗できない。となり、恋愛ですとまさに身動きの取れない虜のような状態に置かれ易くなります。

青春の女神由来から、ネイタルでは10代がどんな風であったか、青春時代の危なっかしさ、過ち、異性的な感情の芽生え、親の庇護の元で従順であったか、上下関係から、他者からの被虐、いじめ、異性的被害も示唆します。

また若さと青春の象徴であり、輝かしい美貌の持ち主ですので、ネイタルでアセンダントや金星、太陽に絡むと外見の美しさも強く示唆します。母親であるジュノーも絶世の美女であり、毎年の禊で常に若返る為、金星を超え、無垢で穢れのない赤ん坊のような純粋さ、美貌と年齢不詳の若さをアセンダントや太陽に与えます。こちらはまた違い、所謂10代の瑞々しい若々しさを与えます。同時に強い異性的魅力も加わりますので、あどけなさの残るそれは非常に儚く魅惑的でしょう。

今回はネイタル、シナストリーとアスペクトを考察していきます。

シナストリーにおける小惑星Hebe

どちらかがどちらかに無条件で従うような関係になりやすいので注意が必要です。合ハードですと、弱い星ですので相手に抗えない事からトラブルに発展しやすくなります。例外的に親子関係では、Hebeとのアスペクトがあるとハッキリとした上下関係が出来上がるので良い関係が築けます。

アセンダントとHebe

注意

アセンダント側はHebeを自分に気があり、自分のものだと思いやすいです。またHebe側も同様に強く惹かれます。お互いに外見を酷く気に入り、贔屓にすることもあります。一度結び付くと、どちらかがどちらかの虜になり、トラブルが起きても離れられず、虐げられ困窮してもずっと側にいるような状態になりやすいでしょう。お互いに注意が必要な関係です。合やハード(DCは別途記述)はどちらかの力が強すぎて、奴隷のようになり易いです。トラブルに気をつけましょう。バレンタイン(良い人過ぎる星)などが同時に強く絡むと更に抗えない為、感情が爆発するケースもあります。

続きます

コメント

  1. コニイ より:

    新しい投稿楽しみにしておりました。

    早速ですが、ネイタルでmcとこちらのhebeオーブ1度で合ですとなにか意味は
    ございますか?

  2. y.m. より:

    こんにちは。今回も新しい記事をありがとうございます。とてもまた興味深いです。
    ヘベを初めて知りました。ネイタルでは太陽とタイトにトラインだったので、大事にしていこうと思います。
    シナストリーでは相手のアセンダントにオーブ3度でスクエアでした。そして私のバレンタインも相手のアセンダントに1度で合です。(相手のバレンタインは私のベッドに1度で合です)相手に対してすごく献身的というか、なんでもしたくなってしまうのはここが関係しているのかも、、と思いました。
    確かに私は相手の外見に対してびっくりするくらい惹かれました。初めの印象としてはこんな素敵な人いるの?状態です。逆に相手は私のことは当初外見としては全くタイプではなかったです。相手はずっと黒髪、ナチュラルメイク派だったのらしいのですが、私はまるで真逆でした。ただ実際に付き合うと恐ろしいくらい甘やかしてもらっています。(ここら辺は金星と金星のオポがかなり効いているような気がします)
    特に虐げられてたり、トラブルになることはあまり実感としてはないのですが、相手サイドから見ると私の土星と彼のヘベが0度で合でした。同時に私の水星とも0度でオポです。どちらかというと、彼の方を疲弊させてしまっているのかなと少し心配になりました。というのもいつも喧嘩になると全て相手が折れて、その解決策もかなり極端というか、無理をする感じが否めないのです。(例えば仕事を辞めるとか、もう携帯を捨てるとか言い出します)彼自身も彼の周りの人もすごく私の支配下にいるよね、みたいな話をされるので、最初は冗談半分に聞いていたのですが、自身の行動や言動が相手にとって強くなりすぎてないか今一度考え直そうと思います。この記事を拝見して自身を省みる良い機会になりました。
    私の冥王星と相手の金星の合や、私の金星と相手のリリスの合、そして軸同士の合が何本もありとても縁を感じています。と同時に互いに嫉妬や苦しい感情をたくさん持つこともあって、この感情を飼い慣らすこともまだまだうまくできていないのですが、こういうところに気をつけようと星が教えてくれている気がします。いつか軸同士の合についても読んでみたいです。
    いつも新しい星の読み方を教えて下さりありがとうございます。長文になってしまいましたが、これからも楽しみにしております。

  3. 睡蓮 より:

    Vanillaさま

    こんにちは。
    新しい記事をありがとうございます。

    この度の小惑星はヘーベーなのですね。ネクタルを給仕していたゼウスとヘラの娘で、ヘラクレスの妻となった青春の女神。姿がヘラによく似ていて、非常に仲の良い母子であった方。
    神話では確かに目立つ事がありませんが、小惑星だと少し要注意の意味になるのですね。
    シナストリーで奴隷のような関係性になるのはベスタではなく、ヘーベーなのですね。
    ヘーベーは神話では無邪気な印象なので不思議です。とても好きな女神様の1人なのですが。

    ネイタルでヘーベーと木星がICにオーブ0度で合でした。木星をゼウスなので、父と娘が一緒にいる感じですね。
    私はベスタがDCにオーブ0度で合なので、木星とヘーベーはDCベスタにスクエア、MCに衝になります(このMCにはオーブ4度なので合にはなりませんが、バレンタインがあります)

    ヘーベーは10代の頃の様子が表れるとありますが、10代の頃は確かに最も人がグイグイと距離を詰めてくる時期ではありました。
    木星も合なので私自身も少々鈍感で、普通は怒る様な事をされても気が付かないという事も多かったように思います(後から他の方に言われて初めて気が付くといった)
    木星は基本的には良い星なのですが、良いものも悪いものも広げてしまう性質があるのだなと実感しました。

    シナストリーでは祖母のヘーベーが私のアセンダントに合になりました。他に祖母の木星や金星が私の月に絡んでいる為か、祖母は非常に過保護です。
    また、私自身も祖母には甘えがちになり、何でも相談してしまいます。
    けれどヘーベーがアセンダントに絡むとハッキリと上下関係が出来てしまう様なので、改めて感謝を忘れずに付き合いたいと思えました。
    近しい存在だからこそ大切にしなくてはいけませんね。

    この度も、とても勉強になりました。
    ヘーベーの記事もとても楽しみにしていたので!
    ヘーベーに書かれている事が、私はベスタで起こると思っていました。ここには驚きです。
    本当に小惑星は沢山あって、これまで自分が思っていた解釈と全然違う解釈があり、勉強になります。
    小惑星は本当に興味深く面白い世界です。
    新しい知識を、本当にありがとうございます。

  4. さえ より:

    Vanillaさん

    こんにちは。
    いつも楽しく興味深い記事を有難うございます。
    Hebe初めて知りました、小惑星って本当に色々面白いですね!

    シナストリーでMCにHebeが合の場合はvanilla様はどのような解釈をされますか?
    基本は軸持ちにHebe側が虜になりやすい感じでしょうか?
    この相手とはアセンに私のHebeがトライン、バレンタインが合もありますので相互作用で力関係は五分五分になっているような気もしてます。
    (勿論他のアスの影響もありですが)

    又、ベスタに火星が合の時のvanilla様の解釈もいつか教えて頂けましたら嬉しいです。
    お時間あります際にどうぞ宜しくお願い致します。

  5. ローズ より:

    Vanilla様

    寒くなって参りましたが、いかがお過ごしでしょうか。
    今回も素晴らしい小惑星をご紹介くださいましてありがとうございます。
    またも腑に落ちることがたくさんありました。
    ヘベはワイドですが太陽と3.2のオーブでコンジャクションです。
    私は子供の頃からとても年下に見られます。
    (ヘラは太陽と1度のオーブでトラインです)
    確かに純粋無垢のように勝手に思われます。

    ヘベはお酌の係ですよね。私もコロナ前はとにかくお酒の席、接待にものすごく呼ばれました。そういうのが好きではないので断ったりすると皆の前で怒られたりしました。専用の人を雇えばいいのに…と思ってました。
    またヘベは宴会で粗相をしてお役目御免になりましたが、私もやってました。
    (ビールは必ずグラスから溢れたりして全くお酌のセンス無しです笑)でも私はお役目御免にはならなくて。(かえってそういう所が初々しくて良いと先方から名指しで指名が来たこともあります。ガニュメデの役目の人も来ましたが何故か私も継続してやることに。ちなみにそういう職業ではないのですが…)

    たまに子供の頃とても地位的に高い人から変な視線で見られたこともありこれもヘベが効いていたのかなと思いました。
    ワイドでもすごく効いているので驚きました。

    シナストリーでまさに彼がアセンダントで私がヘベ側でスクエアです。
    初対面の時に外見がすごく好みと言われました。(特にヘベの特徴の所が好きと後で言われました)
    ちなみに私も彼の外見はかなり好みです。
    彼のデジャニラに私の火星がスクエアなのでこちらは彼が優位になってくれたらいいなと思います。
    (ちなみに相互で金星とヘベのスクエアがあります。ワイドですが)

    • Vanilla より:

      ローズさま

      いつも楽しく参考になるコメントありがとうございます。
      もう冬ですね?あっという間に過ぎて行くので驚いております。

      太陽と合なのですね、あどけなさと性的魅力が加わるので、
      少女と大人の中間のような雰囲気とでも言いますでしょうか、とても魅力が強いと感じます。
      ヘラも入っているのですね。ヘラは若干意味が小惑星では変わり、パートナーへの束縛嫉妬心も強くなります。そしてジュノーよりも気が強いです。Hebeのちょうど良い緩和になりそうです。

      そうですね、お酌する美しい女神です。体験談ガニュメデ含めとても楽しく、読ませていただきました。
      ありがとうございます。
      粗相をしたのですね、知りませんでしたが確かにHebeはそのような印象です。若さ故の危なっかしさ、向こう水な傾向もネイタルに与えますのでお気をつけ下さいね。

      変な視線でというのも、参考になります。こちらの星はかなり異性的な魅力も強く、ターゲットにもされやすいのです。

      アセン軸と金星とのスクエアとはまた激しいアスペクトですね!言いなりにどちらかがなりやすく、金星は威力も強く愛情恋愛面でも顕著となります。スクエアでの注意点は奴隷のようになってどちらかが負担にならないようにする事です。
      ヘッド軸へのスクエアはカルミックですので、お2人の学ぶ未来と過去生に異性的な上下関係や贔屓が強く関わっていることを示唆します。

      火星とDejaniraは以前も解釈しましたが、暴力的な事がなければ単純にローズさまの異性的魅力に抗えない配置ですので、良いのではないでしょうか。

      他のコメントもゆっくり返信していきますのでこれからも、お付き合い下さいませ。
      今後もどうぞ宜しくお願い致します。

      • ローズ より:

        Vanilla様

        お忙しい中、アドバイスを頂きましてありがとうございます。
        ヘラとジュノーでは意味が変わってくるのですね。なかなか小惑星も難しいです。
        ヘラの特徴も思い当たることもありましたし(嫉妬心で思い出すのが夏目漱石の「こころ」で私は先生の立ち位置に高校生の時にいて苦しかったのですがなんとか乗り越えてコントロールできる術を身に着けられました)
        ヘラがヘベの良い緩和剤になってると聞きまして気の強さも愛でようかと思います笑。

        ヘベのエピソードでお酌係を辞めたのは異説があるそうでガニュメデス説とヘベが粗相の2つの説を聞きました。
        >若さ故の危なっかしさ、向こう水な傾向
        10代を思い返すとものすごく思い当たります。なんとか無事に来れたのも運と周りのおかげだと思います(汗)

        変な視線も地位的に高い人からのは隠そうともしないのでさすがの私も気づきました。
        お酒の席だけですが何故か戦利品のように勝手に隣に指定されることもあって不愉快な時はそれ以上に上位の人の席の隣に移動することもありました。(ここら辺はヘラが効いているのかもです)
        神話の授業でヘベは水商売の方の源氏名によく使われたと聞いてこういうのも占星術の解釈に入るのかな?と思いました。

        スクエア祭りの解釈、ありがとうございます。
        言いなりになりやすいんですね。
        他にも私はわがままに出やすいとあるので気をつけなければと思いました。
        火星デジャニラもわがままに振り回しやすいかも…と思って自重しなければと思っていたので。

        こちらこそありがとうございます。
        前回、前々回もとてもよく当たっていて当たり過ぎてコメントが長くなってしまって只今削っている次第です笑。
        どうぞ末永くよろしくお願いします。

  6. ローズ より:

    すみません、追加で彼のヘベに私のヘッドもスクエアでした。

    このスクエア祭り…注意点があれば気を引き締めたいと思います。

  7. Yuhi より:

    Vanilla様
    こんばんは。新しい記事の作成、ありがとうございます。

    私のネイタルでHebeはUnion&House合と1〜2度台の合、ASC軸と2度台のスクエア、Ganymedと0度台のクインカンクス、ベスタと0度台のトラインなどがありました。
    神話でHebeの役目を引き継いだGanymedや、Hebeと意味の似ているベスタとのタイトなアスペクトがあり、面白く感じました。

    Union&Houseとの合は配偶者や共同生活者との間で上下関係がはっきり出やすいという解釈になるのでしょうか。いずれも4室にありUnion&HouseはICに3度台で合でもありますので、家庭においてそういう傾向が強くなりますかね。
    生まれ育った家庭では特に上下関係がはっきりしていたということはなかったなあと思ったのですが、ひょっとすると子である私が”上”であったのかもしれません。リリスもまた4室にあり、外ではおとなしい方でも家庭内では奔放だったと思います。

    ASC軸とも絡みますが、若くというより幼く見られがちではあります。こちらは金星Child合(0度台)の影響もあるかもしれません。月とMCのルーラーが金星なので、身体的特徴や雰囲気などに出やすいのかなと。

    他の天体や感受点とHebeとの絡みに関する解釈の追加も楽しみにしております。

タイトルとURLをコピーしました